自動車の保険には自賠責保険ないしは任意保険の二つの種別がございます。自賠責保険、任意保険ともに不測のアクシデントなど遭った場合の補償に関するものですが、実際の内容は少々異なるのです。二つの保険をよく見ると補償が適用されるものが多少差別化されているのです。※相手には任意保険・自賠責保険によって補償できます。※自分に関しては「任意保険」のみで補償されるようになっています。※自己の所有する財産においては、【任意保険】を用いて補償されるようになっています。自賠責保険のみでは、自らの傷もしくは自動車に対する補償などのサポートは享受できません。さらに相手に向けての賠償などですが自賠責保険であれば亡くなられたケースでは上限額3000万円、後遺症が残ってしまった場合最高額で4,000万といった具合に定められています。しかし賠償金が直前に述べた数字を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。かてて加えて相手方の車両・不動産を破損してしまった際に関しては、害を加えた者の賠償とならざるを得ません。そのためにも任意保険という別の種類の保険が必要だという話になるのです。被害を受けた人に対する援助に重きを置く任意保険には、それに留まらない補償が用意されています。※事故の相手方へは、死亡時ないしは手傷の他にも乗用車や建築物といったものの所有物を補償してくれます。※自分へは、同乗者も対象として死亡時もしくは傷を補償してもらえるのです。※自分の所有する財産においては愛車を賠償してもらえるのです。そのように種々の面でしっかりしているのが任意保険というものの強みなのです。支払いは必要となってしまいますが事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分自身を守るためにも、自動車に乗るのであればぜひ任意保険に申し込んでおくに越したことはありません。