急に起こってしまうのが自動車事故です。そこでどのように処理した結果が要因となり自動車保険金の支払金もかなり大きく変化する時も予測できますので落ち着いた決断力と対応が求められます。予期せぬ場面で慌ててしまったとしたら必要不可欠な対処を見過ごしてしまいこの先大損を受けるケースも考えられるので乗用車の事故をしてしまった場合は適切に次に記述した対処するようにするとよいでしょう。乗用車の事故の遭遇した状況で最初にする必要があるのは怪我をした方の状況を確認する必要があります。後すぐは動揺してぼうぜん自失となってしまう状況があり短期間で動くことができないのが通常です。負傷した人がいた時に危なくない地点へ運んでから応急処置して、119番通報するようにして要救助者第一を心掛けましょう。救急車を呼ぶ時にははっきりと事故の場所を伝え、良く分からない場合は周りの目に留まったデパートや場所名を伝えて事故の現場の住所を特定できるようにします。2番目に警察署へ電話して、事故があった旨そして現在の様子を伝えます。救急車と警察が来るのを待っている間に相手のことを調べます。名前、電話番号、免許証、ナンバープレート、事故の相手側の自動車保険の会社名などなどそれぞれの身元を言います。特に事故の相手方に非が存在する状況では、その場でやり取りしようとする状況が考えれますがその場で結論を出すのではなくどのような状況であっても110番や自動車保険会社に通報してちゃんとジャッジしてもらうことが重要です。お互いの連絡先を教えたら他の交通の障害になるのを避けるために邪魔な物を路上からどかします。万一障害となった物が他人の邪魔になっている状況なら自分と相手の情報の交換をするより早くこれを終わらせてしまっても問題は起こりません。その後自らの加入している保険屋さんに知らせ自動車での事故があった事を知らせます。事故から特定期間内のうちに自動車保険の会社に連絡しておかないと車の保険の適用除外となるケースもありますので時間が出来たら速やかに行うことが大事です。また証拠になるようにカメラや携帯などを使って事故や乗用車の破損箇所が分かる写真をを写しておきます。この写真は責任の割合決定するとても大きなデータとなりますので、自分自身の乗用車や相手の自動車の状態を正確に写真に残しておくことが大切です。この状況で目撃した人がいたとしたら警官や自動車保険会社の人がやってくるまでその場に待って頂けるようにお願いするのも必要不可欠です。