「スプレッド」とは外為は通貨を売買して利幅を上げる商品です。

取引の値は二十四時間上下しています。

これがレートです。

インターネットを見ていると外貨の為替レートの話題が流れることがあります。

「マーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという意味ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを表現しています。

言い換えると、トレードには買値と売値の2個の価格があるという事です。

売値、買値の事を別の言い方で提示している取引会社も存在しています。

平常時には売値のほうが買値よりも安くなるものです。

買うときには高く、売るときには安くなります。

この差をスプレッドといい、取引業者の収益のひとつとされています。

スプレッドの広さは業者によって異なります。

スプレッドはみなさんにとってコストになるので狭いFX取引会社をセレクトしたほうが得します。

ただし、同じFX会社でも場合によってスプレッドの差は変動します。

もしいつもはドルと円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの狭さとは言ってもレートの動きがかなり大きい場面では1銭よりも大きくなったりする場合があります。

という事で、スプレッド幅が狭いのと同じく固定しているのが不可欠です。

この頃では動かないスプレッドの広さを表示するFX会社も多数存在しています。

実際に取引会社の取引画面の上で本当の為替レートをチェックしなければ評価できないので手間がかかりますが、必要不可欠な事です。

重要な投資資金を預けて注文しますので、本当の取引の前に、気になるFX業者の新規取引口座開設をいくつもして示されているスプレッドの差を知っておきましょう。

同じ通貨のペアでも外国為替市場のボラティリティによって、スプレッドの狭さは変化します。

いつもはインターバンクマーケットで流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが狭く、他のペアではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。