睡眠は健康や美容にもかかわってくるもので大変重要なものです。

なぜ睡眠が必要かというと体の疲れをとったり、体の免疫力をアップしたり脳を休めるためです。

毎日当たり前のように睡眠は自然によってなるものですが、時として寝られない場合があると思います。

例えば明日の試験や会議などのことを考えこんでしまい緊張して寝られない、体調が悪くて寝られない、昼間寝すぎて寝られない、いびきや音がうるさくて寝られないなどがあると思います。

その状態が毎日続いていたり、何カ月も続くようであれば睡眠障害になる可能性があります。

睡眠障害とは何でしょうか?要は、なんらかの問題で寝られないことを言います。

不眠症だけでなくすべての睡眠に関しての事を差します。

睡眠障害は大きく分けて不眠症、睡眠関連呼吸障害、過眠症など6つに分かれていると言われています。

睡眠障害になると昼間やたら眠くなったり、体が異常にだるくなったり、判断力や注意力の低下、食欲不振など体にも異常が起きてきて日常の生活にも支障がでてきてしまいます。

日本でも睡眠障害に悩む人も多くなり現代病のひとつだとも言われています。

原因としては生活のリズムの乱れ、ストレスなどが挙げられています。